サンプルサンプル

トイレの水漏れ対策に役立つ応急処置と水道修理サービス

水漏れやっておきたい応急処置~

修理道具

トイレの水漏れに気付いたとき、修理がスムーズに進むように、業者が到着するまでにできるだけの応急処置をしておくことをおすすめします。

水漏れ発見時に有効な応急処置

止水栓を締める
まず第一に行ないたい応急処置は、水を止めるということです。トイレの室内にある止水栓を探し、水を止めます。止水栓がどれかわからない場合は、戸外にある水の元栓(「止水栓」とフタに書かれているので探してみましょう)を締めてしまってもかまいません。まずは、水を止めておかないと、被害が大きくなるばかりでなく、水道代にも大きく影響することになります。
バルブとナットの確認
少し難しいかもしれませんが、給水管や排水管のバルブやナットを締めてみましょう。固く締まっていく方へペンチなどでゆっくりと締めていき様子をみましょう。この時、勢いよく締めすぎてしまうと、余計水が漏れてしまうこともあるので注意しましょう。いざという時に役立つので、日頃からある程度の工具は揃えておくことをおすすめします。
温度差をなくす
便器やタンク、パイプ類の結露であれば、換気扇を回して湿気を取ったり、トイレの扉を開けてトイレの内外の温度差をなくしたりすると、解決する場合がほとんどです。対策をしてみても変化がなく結露で床が濡れてしまうような場合は、結露のつかない便器やタンクも販売されているので、買い替えを検討してみてもいいかもしれません。

応急処置後は業者へ連絡

状況確認をして、業者に早急に修理の依頼をします。この時に、いつ、どの部分からどのような水漏れが始まり、今はどんな状態なのかを伝えるようにしましょう。応急処置で水が止まっても、あくまでもそれは仮であるので、きちんと修理しておかないと水漏れを繰り返してしまう可能性があります。水道修理業者に依頼し、根本から解決するようにしましょう。

水漏れ修理業者の絶対条件~本質を見抜く~

水漏れ修理業者は沢山ありますが、どの業者に頼めば良いか分からず不安という人も少なくありません。業者選びのポイントを押さえておきましょう。

修理業者の見極めポイント

水道局指定の業者であれば、安全なのですか?
資格や指定を受けているからと言って、それをアピール文句にしようとしている場合も実は注意が必要です。なぜなら、水道局の指定を受けていたり、資格を保有していたりするということは、プロの水漏れ修理業者であれば当然のことであり、わざわざアピールするようなことではないからです。その業者が過去にどのようなサービスや対応をしたのか、評判や口コミは確認しておく方が良いでしょう。身近な人で利用したことがないか、周りの人に聞いてみることも大切です。
業者は来ていきなり修理を始めるものですか?
トイレの水漏れは早急な対処が必要ですが、きちんと現状を確認し、どのような修理が必要になるのか、いくらくらいかかるのかという現地調査は非常に大切です。後々のトラブル防止のためにも、作業前にきちんと見積もりを出してもらうようにしましょう。技術に自信がある会社であれば、お互いが納得した上で修理を始めることでしょう。おおまかな価格の提示や現状や修理の説明もなしに、作業を始めてしまうことはありません。
水漏れ修理を依頼するのが初めてなので、見積もりを出されてもいまいち分かりません。
水漏れの修理は急いで行ないたいものですが、焦って契約してしまってはトラブルのもとになります。見積もり依頼や出張料が無料のところは、見積もりに納得がいかずに断ることになっても料金が発生することはありません。ですから、その場で契約をするのではなく、数社見積もりを取ってみて納得のいくところを選ぶようにしましょう。修理には、基本料金・作業代・部品代・出張費などが加わります。見積もりが出たら、他に発生する料金がないか、必ず確認しましょう。

見積もり以上に何の説明もなしに高額な請求をされたというトラブルがあるのも事実です。見積もりと変更が生じた場合には報告し、作業の了承を得る義務が業者にはあります。それを怠るようなことがあれば、クレームを入れるべきです。高額請求や施工ミスなどがないように、見積もりや調査、作業について依頼者側も知識を持っておくことが大切です。

トイレの水漏れが直るまで~依頼者に嬉しいサービス~

修理までの一連の流れ

無料相談

便器の中のチョロチョロとした水漏れや床にしみ出た水漏れ、悪臭など、普段と違う異常を発見したら、なるべく早い段階で無料相談ダイヤルに電話してみましょう。どのような状況で、どこからどのように水漏れしているのかを伝えておけば、その後の作業もスムーズに進みます。電話相談で解決する内容である場合もあるので、気軽にかけてみましょう。現地での見積もり依頼をすることもできるので、スケジュールの確認も忘れずに行ないましょう。

調査・見積もり

作業員に来てもらい、調査をしてもらいます。作業員は、トラブルの場所や原因を確認し、その場で見積もりを提示します。見積もりを依頼したからといって必ずしも契約しなければならないわけではなく、見積もり価格に納得がいかなければ、お断りすることもできます。また、見積もり無料、出張料無料の業者であれば、より安心して利用しやすいです。契約する前には、必ず、見積もり価格以外に発生する費用がないことを確認しておきましょう。

作業

契約を済ませたら、実際に作業が始まります。作業員は住宅を汚さないよう細心の注意を払って作業を進めるので、安心して依頼することができます。作業する際、他の場所を汚さないようにする養生や作業後の清掃などアフターフォローも業者選択の重要なポイントになります。業者側にはそのような対応力も求められるようになりました。対応の良し悪しも、口コミサイトなどを見ればある程度確認できるので、依頼する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

TOPボタン